レーシックで遠視の矯正も可能

そもそもレーシック手術は、目の表面にある角膜の形を自分の目の形に合わせるようにしてレーザーを使って調節していきます。
そして光の屈折を正しい状態にして焦点を合わせていく手術なのです。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。
レーシックにおきまして遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです。
これはレーシックで遠視の矯正を行うことは十分に可能ということなのです。

 

レーザーで形を整えることの出来る角膜の厚みが十分に確保されている時には、レーシックで遠視を矯正させることが出来ます。
もし心配なようでしたら、一度事前検査をしてもらうと良いでしょう。



レーシックで遠視の矯正も可能ブログ:12 1 19

今日は久々に筆が進みそうです。


最近、ビュッフェスタイルのレストランが増えていますよね。
自分でいくらでも食べたい量だけをとって食べるというスタイルが
人気となっているようです。

読者様は、ビュッフェでできるだけ多くの料理を食べるためには、
コツがあるのをご存知でしょうか?

それは、一回一回あたりのもってくる食事の量を
少なめにするということです。

一度にたくさんの量をとってくると、
視覚で食欲を満たしてしまう場合があるんですよね。

ですから、あまり量的に食べていなかったとしても、
見た目でお腹がいっぱいになってしまうわけです。

このようにミーたちの食欲というのは、
味覚や嗅覚だけでなくて、
一見関係のないような視覚も影響を及ぼす場合があるのです。

なので、減量をしている場合には、
視覚を有効に活用するという方法があるんですよ!

実際に食事の量を多くしてしまうと、
減量には何の効果もありません。

そこで、
いかにも食事が大量に皿の上に盛られているような
錯覚を生み出すようなテクニックを活用してみましょう。

例えば…
減量中は食事制限をしますから、
実質的に食べる量も少なめになりますよね。

もし真っ白なお皿の上に少ない料理が盛られていたとすれば、
いかにもさびしい感じがします。

そこで、何か模様が描かれているような
お皿を使ってみたらどうでしょうか?

食事が少なかったとしても、
いろいろな色が目に飛び込んできます。

だから、食事の量の寂しさを紛らわせることができるわけです。

このようにちょっとした工夫でも
減量を効果的に行うことができるんですよ!

明日はいい日だ。がんばろ〜^^