レーシック後の効果が安定する期間

レーシックの手術を実際にした人の意見を聞きますと、その効果が現れてくるのは手術を受けて一日が経過した時のようです。
しかしレーシックの手術の種類や、視力矯正の種類にによっては、効果の出方に差があるとのことです。 レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。
レーシックの手術をすることにより、多くの方が疑問に思っていることがあります。
それがレーシックの手術をした後、どの程度の期間でレーシックの効果が実感出来ることだということなのです。

 

レーシック手術の効果が安定してくる時期は、基本的に手術を受けてから一ヶ月程度と覚えておきましょう。
事前に担当医から説明がありますので、聞き逃しの無いようにしっかり話を聞きましょう。



レーシック後の効果が安定する期間ブログ:25 6 18

「減量でガマンは禁物!」
この言葉は、今や減量の常識とも言えるくらいに
広く言われていることですし、あたくし自身もそう思います。

この理由として、
「ガマンしてストレスを抱えてしまうと、
 長期的に減量を続けることができない」
「ストレスが増えると、代謝が悪くなり痩せにくい体質になったり、
 過食と言う反動に出ることもある」
などが挙げられ、
「ガマン=ストレス」という図式が根底にあるわけです。

でも
本当に「ガマン=ストレス」なのでしょうか?
これは「思い込み」だと思うんですが…

「ストレスにならないガマンなんてありえない」
皆さん、そう思われると思います。

そりゃ、疲れた体質や心に鞭打つような減量では
長続きしないし効果も限定的です。

そうではなく、ガマンを楽しめば良いと思うんです。
そのためには、ガマンをゲーム化してしまうのです。

例えば…
「夕方食後のスナック菓子をガマンした」
ということをゲームにしてみると…

「スナック菓子を食べなかった」カレンダーを作り、
食べなかった日には花マルを付けましょう!

または、いつも使っている手帳やカレンダーの片隅に
こっそりガマンできた日にはマークをしておくのです。

もっとレベルを落としてもいいです。
板チョコを2個食べている人は1個に減らせたらマルで、
1個も食べない日には大きく花マルを書くとか…

こんな風に、
減量のちょっとした成功を記録するのです。
ゲームですから、できない日があっても全然OK!

ポジティブなガマンをして、
ノーストレスに減量を進めてみてはどうでしょう?

嗚呼,いい気分