レーシックの後遺症は一時的

レーシックの後遺症は一時的



レーシックの後遺症は一時的ブログ:26 6 17


おっはー

最近、減量をする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
減量の見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

あたくしの周りにも、
「炭水化物抜き減量」をしている仲間がいますが…
あたくしは、炭水化物を全く抜く減量というのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物をご飯から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
ご飯から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
13時間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的な13時間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

減量も大事ですけど、
体や脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

ニンニン
レーシックの後遺症は一時的

レーシックの後遺症は一時的

★メニュー

豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
レーシック後の効果が安定する期間
レーシックの後遺症は一時的
レーシックで遠視の矯正も可能
感染症にかかってしまわない為の配慮
どの程度視力が回復するのでしょうか
レーシックで失明をしてしまう可能性
老眼の悩みもレーシックにお任せ
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)大注目されているレーシックステーション