レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:26 6 14


減量する方法として、
ランニングやウォーキングから始める人も多いのではないでしょうか。

当然ではありますが、
ランニングやウォーキングは、減量に効果的です。
どちらがより効果的かというと、
同じ時間のトレーニングでもトレーニング量が多い、ランニングですね。

しかし、
連日十分ランニングするのと
十分ウォーキングするのでは、
どちらが継続すると思いますか?

連日するとなると、
ウォーキングの方が継続しそうですよね。

また、普段あまりトレーニングをしない人が、
いきなりランニングをすると、
ひざなどに故障が起きることもあります。

なので、
まずはウォーキングから始めて、
徐々に距離や時間を伸ばし、トレーニングに慣れてきたら、
ランニングに移行するのが良いと思います。

もちろん、
ウォーキングも減量に向いているトレーニングです。

ただし、ダラダラ歩くのではなく、
背筋を伸ばしてキビキビと歩いかないと、
減量効果は薄いみたいですよ!

ゆっくりウォーキングする場合でも、
正しい姿勢で歩かなければ、
脚や腰に負担をかけてしまうだけなので、注意しましょう。

さらに減量効果を上げたいなら、
エクササイズウォーキングがお勧めです。

エクササイズウォーキングは、
腕を大きく振り、歩幅も大きく広くして、早足で歩くというものです。

これだと全身の筋肉を使うことになるため、
消費カロリーも多くなります。

減量を長く続けるためには、
ウェアやシューズ、水分補給するためのボトルなどを
用意するといいかもしれませんね。

特に、脚に合ったシューズと水分補給は大切ですよ!

レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
レーシック後の効果が安定する期間
レーシックの後遺症は一時的
レーシックで遠視の矯正も可能
感染症にかかってしまわない為の配慮
どの程度視力が回復するのでしょうか
レーシックで失明をしてしまう可能性
老眼の悩みもレーシックにお任せ
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)大注目されているレーシックステーション