レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:17 5 17


体重、体脂肪率、BMI、ウエストサイズ…
とかく減量には数字が付きまとうもの。

そして数字はついつい人と比べたくなるものです。
比べるつもりはなくても、比較するのが簡単なので、
優劣の基準になりがち…

例えば…
減量中の友達と比べて、
「私なんて減量始めてひと月たつけど、
4KG落とすのがやっと…」と落ち込んでしまったり、
「体脂肪率をそんなに落とすなんて、私には絶対無理…」と
減量をあきらめたりしたことありませんか?

でもね…
体重や体脂肪率、減量の期間を、
人と比べるのはあまり意味が無いと思うんですよね。

実際、
体重100kgの人が90kgに減らすのと、体重50kgの人が40kgに減らすのとでは、
同じ10kg減でも、減量の難易度はまったく違いますよね。

また、同じマイナス10kgでも
筋肉量をキープ、もしくは増やしながら減量した人は、
体重を落とすのに時間はかかるものの、
基礎代謝量が高く、太りにくくてやせやすい肉体になっているので、
リバウンドする可能性も低く、筋肉がある分、
見た目も健康的で引き締まって見えるわけです。

減量の目標値やそれに必要な期間は、
その人の体質や遺伝、生活環境によって当然変わるもの。

減量に関する数値を他人と比べることで、
「私もがんばろう!」とやる気になるのであればいいのですが、
無意味に落ち込んで自分に自信をなくしてしまったり、
減量そのものをあきらめてしまったりすることは、
とてももったいないことなんじゃないでしょうか?

レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
レーシック後の効果が安定する期間
レーシックの後遺症は一時的
レーシックで遠視の矯正も可能
感染症にかかってしまわない為の配慮
どの程度視力が回復するのでしょうか
レーシックで失明をしてしまう可能性
老眼の悩みもレーシックにお任せ
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)大注目されているレーシックステーション