どの程度視力が回復するのでしょうか

レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術なのですが、角膜を直接治療するということで、なかなか手術に踏み出せない方も多いですが、その安全性はほぼ確立しているのです。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
実際に手術をしてくれる担当医の先生に直接聞いておくようにしましょう。

 

レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
その後メガネもコンタクトレンズも必要無しに快適な生活を送っている事実があります。



どの程度視力が回復するのでしょうかブログ:13 8 18

ぐっどもーにーん♪(テンション高っ

みなさまは聞いたことがありませんか?
「トレーニングするのをやめたとたんに太っちゃったよ」
という元スポーツマンの言葉を…

そしてそのような人は、
スポーツマンではなかった人よりもむしろ太った人が多くいませんか?

この言葉にこそ、
筋力量を増やすことにより
基礎代謝をアップして痩せようとする減量に対する
問題点が明らかにされています。

それは、
「筋肉量はトレーニングを休むと減少する」ということです。

これは極めて常識的なことなのですが、
こと減量の話をするときだけはなぜか忘れられがちであり、
一旦ついた筋肉量はその後のトレーニングとは関係なく不変と思い込み、
つまり「一旦ついた筋肉はトレーニングをやめてもずっとついたまま」と
勘違いしている人があまりにも多いのです。

もちろん、
ずっと筋力を維持するために腰回しや腰回しといった
トレーニングを続けることができさえすれば、それはすばらしいことですが、
忙しい現代人に定期的にトレーニングする時間を確保することは、
結構難しいことですよね?

ここでのポイントはあくまで「定期的に」です。
なぜなら筋肉は定期的に刺激を与えないと低下するため、
自分の好きなときだけジムに行ってトレーニングをするスタイルでは、
その次にトレーニングを行う期間がある程度開いてしまうと、
その間に筋肉は低下してしまっているため、
筋力の維持ができてないのです。

ではなぜ、元スポーツマンはスポーツをやめると
スポーツを元々していなかった人より太るのでしょうか?

それはもちろん、食べ過ぎているからです。
食べすぎをどうにかしない限りは結局は太るのです。

この単純な理屈をしっかり理解しなければ、
減量は上手くいかないと思います。

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)